アストンマーティン初のSUV「DBX」、これが市販型デザインだ!

アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アストンマーティン DBX スクープ写真
  • アストンマーティン DBX スクープ写真
  • アストンマーティン DBX スクープ写真
  • アストンマーティン DBX スクープ写真
  • アストンマーティン DBX スクープ写真
  • アストンマーティン DBX スクープ写真

開発が終盤を迎えていると見られるアストンマーティン初のクロスオーバーSUV『DBX』。そのプロトタイプの姿は公式にリークされているが、スクープサイトSpyder7ではコックピットの撮影に成功。さらに今回は、その最終デザインを予想するレンダリングCGを入手した。

開発車両の写真や情報をベースに描かれており、ほぼこのデザインで発売されると見ていいだろう。カモフラージュが取れたボディで最も顕著なのは、その曲線美だ。特に注目は球根状のフェンダーフレアやラウンドしたバンパー処理で、他のプレミアムSUVとは一線を画す。また薄くコンパクトなヘッドライトや伝統的なアストンマーティングリルにより、スポーティな外観が印象づけられる。

室内では、メルセデスベンツと多数のコンポーネントを共有する。捉えたコックピット画像には、MBUXインフォテインメントシステムのメニューが表示されているように見える大型ディスプレイを装備し、ギアシフター周りのボタンや、センターコンソール外側にある電動シートボタンもメルセデスベンツから流用されていると思われる。

予想されるパワートレインは、アストンマーティンによりチューンされたメルセデスベンツ製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン。最高出力は510ps、最大トルク685Nmを発揮し、8速ATと組み合わされると予想される。また高性能なハイブリッドモデルの設定も噂されており、駆動方式は全輪駆動システムとなるだろう。

早ければ、2019年内にもワールドプレミアが期待できそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集