マツダ ロードスター 30周年記念車、米国で143台を追加導入へ…500台が即日完売した人気に対応

マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車
  • マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車

マツダ(Mazda)の米国部門、北米マツダは5月13日、『MX‐5ミアータ』(日本名:『ロードスター』)の「30周年記念車」の米国への追加割り当て分として、143台を確保した、と発表した。

ロードスターの30周年記念車は当初、世界限定3000台のうち、およそ17%にあたる500台を米国市場に導入する計画だった、ところが、2月7日のシカゴモーターショー2019での発表と同時に、予約受注の受付を開始したところ、4時間以内に500台が完売した。

北米マツダによると、最初の100台に予約受注が到達するまでには、15分かからなかったという。なお、米国割り当て分500台の予約受注の内訳は、ソフトトップが60%、ハードトップの「RF」が40%。米国ベース価格は3万4995ドル(約385万円)で、納車は2019年夏から開始される予定だ。

北米マツダは今回、MX‐5ミアータの30周年記念車の米国への追加割り当て分として、143台を確保したと発表した。この143台は、すでにウェイティングリストに載っている顧客に割り当てられる予定で、米国市場向けの総販売台数は643台になる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ ロードスター 30周年記念車、ソフトトップの商談予約応募は17倍以上…RFはどうなる? 画像 マツダ ロードスター 30周年記念車、ソフトトップの商談予約応募は17倍以上…RFはどうなる?
  • トヨタ スープラ 新型、2019年割り当て分が完売…欧州仕様 画像 トヨタ スープラ 新型、2019年割り当て分が完売…欧州仕様
  • ジープ27年ぶりのピックアップトラック、発売記念車4190台は1日で完売 画像 ジープ27年ぶりのピックアップトラック、発売記念車4190台は1日で完売
  • 日産 370Z の2020年モデル、3万0090ドルから…50周年記念車も用意 画像 日産 370Z の2020年モデル、3万0090ドルから…50周年記念車も用意

特集