ミニEクラス?奇妙なメルセデスの正体は、あのオープンスポーツの新型だった

メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ SL 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

謎のメルセデスベンツ『Eクラスセダン』をカメラが捉えた。極端に切り詰められたホイールベースから、まるで“ミニEクラス”のようだが、実はオープンスポーツカー『SL』次期型のテストミュール(仮ボディの開発車両)だという。

捉えた車両のフロントマスクはEクラスそのものだが、バンパーにカナード、セダンより広いトラックを示唆するフェンダーフレアを装備し、リアドアがショートカットされている。さらに巨大なブレーキ、キャビン内にはロールケージが見てとれ、2ドアスポーツの開発車両であることは間違いない。

だがSL次期型ならば、なぜ現行モデルをテスト車両に使用しないのかと疑問に思うかもしれない。次期型では格納式ハードトップを捨て、2シーターから2+2レイアウトへと変更されることが噂されており、その開発にはEクラスが最適という判断なのだろう。BMW『8シリーズ』やポルシェ『911カブリオレ』との競争力を高めることになりそうだ。

次期型のパワートレインは、電動化が進む。最高出力370ps、及び436psを発揮する2種類の3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターのEQブーストをラインアップ。同ブランドでは、フルEVに「EQ」、プラグインハイブリッドには「EQパワー」、高性能ハイブリッドは「EQパワー+」、そして最もマイルドなハイブリッドが「EQブースト」の名称が与えられている。またトップモデルには、最高出力630psを発揮する最高出力630psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン搭載の『SL63』などが予想されている。

ワールドプレミアは、最短でも2021年になるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • マクラーレン セナをフルチューン!「GTR」をも凌駕する1000馬力へ 画像 マクラーレン セナをフルチューン!「GTR」をも凌駕する1000馬力へ
  • MINI史上最強の「JCW GP」、コックピットを激写…レーシーな専用メーター採用か 画像 MINI史上最強の「JCW GP」、コックピットを激写…レーシーな専用メーター採用か
  • ロールスロイス ファントムが「黒いバイソン」に変身…WALDのド迫力カスタム 画像 ロールスロイス ファントムが「黒いバイソン」に変身…WALDのド迫力カスタム
  • 日産 GT-R 次期型、電動化は確実か…登場は2022年以降の予想 画像 日産 GT-R 次期型、電動化は確実か…登場は2022年以降の予想

特集