ボルボ V40 T5 R-デザイン に「ファイナルエディション」、50台限定販売

ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション

ボルボ・カー・ジャパンは、ショートワゴン『V40』に特別限定車「V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディション」を設定し、50台限定で4月11日より発売する。

V40 T5 R-デザイン・ファイナルエディションは、スポーティグレード「V40 T5 R-デザイン」をベースに、車内に明るく開放的な雰囲気をもたらす「パノラマ・ガラスルーフ」を装備。エクステリアをスポーティに引き締めるとともに遮光のための電動サンシェードも装備する。また、標準装備のフロント・シートヒーターに加えて、リアにもシートヒーターを特別装備する。

ベースとなるR-デザイン仕様は、シルクメタルフレームのフロントグリルが特徴的なフロントセクションをはじめ、リアセクションにはディフューザーやデュアルスポーツテールパイプなどを装備する。またインテリアには、本革/パーフォレーテッドレザーコンビネーションシートや専用テーマカラーの液晶デジタルメーターパネルに加え、専用のアルミニウムパネルやフロントドアにスカッフプレートなどが施される。足回りには強化フロントダンパーとモノチューブリアダンパーを採用した専用スポーツサスペンションを装備する。

パワーユニットは、最高出力245ps、最大トルク350Nmを発生する「T5」Drive-E 2.0リットル4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載。高回転域での優れたレスポンスと伸びやかなフィールを実現する。ギアトロニック付8速ATは、パドルシフトでパワフルかつ思いどおりの走りをサポートするとともに、きめ細かくなめらかなギアチェンジにより、高い燃費性能にも貢献する。

安全面では他のV40シリーズと同様、「歩行者エアバッグ」をはじめ、「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」、「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」、「BLIS(ブラインドスポットインフォメーション・システム)」など、11種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を標準装備している。

ボディカラーは、パッションレッド、アイスホワイト、クリスタルホワイトパール、オスミウムグレーメタリック、オニキスブラックメタリックの5色を用意。価格は469万円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集