ZF、Eモビリティや自動運転技術を中心に出展へ…上海モーターショー2019

ZFの中国上海工場
  • ZFの中国上海工場

ZFは4月9日、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019に出展すると発表した。

ZFは世界最大の新車市場の中国において、生産能力の拡大や新工場の建設に、多くの投資を行っている。2004年からは上海工場において、オートマチックトランスミッションの生産を開始した。最新の「8HP」8速オートマチックトランスミッションの生産も行う予定だ。

ZFは将来的に、中国でEVパワートレインを現地生産する計画だ。そのための生産準備に、現在取り組んでいる。

またZFは、中国の江蘇省に、ZFの32の工場の中で最大の新しいステアリング工場を建設している。ZFはさらに、中国の商用車メーカーFotonとの合弁事業において、ハイブリッド車向けトランスミッション「TraXon」の生産を、上海新工場において間もなく開始する予定だ。

ZFは、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019に出展する。Eモビリティや自動運転に向けた取り組みを中心に出展していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集