マツダ、次世代クーペコンセプトとSKYACTIV-Xエンジン出展へ…上海モーターショー2019

マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ
  • マツダ・ビジョン・クーペ

マツダ(Mazda)の中国部門は、4月16日に中国で開幕する上海モーターショー2019に、コンセプトカーのマツダ『ビジョン・クーペ』と「SKYACTIV-X」ガソリンエンジンを出展すると発表した。

ビジョン・クーペは、マツダの次世代デザインの方向性を示したコンセプトカーだ。ビジョン・クーペでは、マツダのデザイン言語の「魂動」を、日本の美意識に基づいて深化させた。その結果、伸びやかでシンプルなワンモーションフォルムを可能にした。

また、マツダのヘリテージモデルの『ルーチェ・ロータリークーペ』などの美しさをベースとして、エレガントで上質なスタイルを追求している。

SKYACTIV-Xガソリンエンジンには、マツダ独自の燃焼方式、「SPCCI」(火花点火制御圧縮着火)技術を採用する。これは、スパークプラグの点火による膨張火炎球が、第2のピストン(エアピストン)のように、燃焼室内の混合気を追加圧縮し、圧縮着火に必要な環境を実現するもの。スパークプラグの点火時期を制御することで、圧縮着火領域を拡大し、完全に制御された圧縮着火を可能にするという。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、車両電動化技術の特許実施権を無償提供 電動車普及を支援 画像 トヨタ、車両電動化技術の特許実施権を無償提供 電動車普及を支援
  • 新型 マツダ3 、欧州仕様ハッチバックと北米仕様セダンをドライブ[詳細画像] 画像 新型 マツダ3 、欧州仕様ハッチバックと北米仕様セダンをドライブ[詳細画像]
  • トヨタ 寺師副社長「5年分くらいの仕事が来ている」…電動化技術の提供 画像 トヨタ 寺師副社長「5年分くらいの仕事が来ている」…電動化技術の提供
  • フィスカーの新型EV、2021年の生産開始に向けて元トヨタ重役を起用 画像 フィスカーの新型EV、2021年の生産開始に向けて元トヨタ重役を起用

特集