プロトタイプから30年以上のストーリーを語るマツダ…オートモビルカウンシル2019

オートモビルカウンシル。マツダブースは今年30周年を迎えたロードスターの展示。
  • オートモビルカウンシル。マツダブースは今年30周年を迎えたロードスターの展示。
  • 誕生のきっかけとなったプロトタイプが登場。
  • プロトタイプなのでほかの車で観たことのあるパーツも散見。しかし洒落た内装だ。
  • スポーツカーというよりスペシャリティカーと言った風情。
  • フェンダーごと一体で開閉するボンネット。開いたときにはギャラリーからどよめきが。
  • ボンネットの下に収まるのは前時代的なメカニズム。・
  • 青い目の女性が颯爽と走って似合うクルマ。それが最初のアイデアだったそうだ。
  • アメリカサンタバーバラを実際に走らせ、この時の雰囲気、そして周囲の反響などを広島へ持ち帰って、開発スタートへ役員を説得したのだそうだ。

今年30周年を迎えるマツダ『ロードスター』。オートモビルカウンシル2019では、ロードスター一色のブースが設けられた。

ブースには、6台のロードスターが並んだ。プロトタイプ、最新ND型の30周年記念仕様、初代NA型の「黄色」と「赤」、2代目NB型「青」の10周年記念モデル、3代目NC型「白」の20周年記念モデルだ。

プロトタイプと30周年記念モデルを除く4台は、1989年にシカゴモーターショーで初代が発表された時、赤、白、青、黄を並べてお披露目されたことをオマージュしたのだという。赤いNAは、女性オーナーが還暦祝いに「赤いちゃんちゃんこ」を着る代わりに選んだ個体で、手放す際にマツダに寄贈されたという。NBとNCは、オリジナルの状態を保った車を借りてきたそうだ。

プロタイプのそばの説明担当者は、ロードスターは会社の商品企画部門から生まれたモデルではない、と明かす。「この試作車でアメリカのサンタバーバラを走らせて映像にし、広島の役員を説得したクルマがロードスターなのです。今回展示した試作車は30年以上前のものですので、役員クラスでもなじみがないという者もいます。実は私も間近にして感激しています」。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集