三菱 エクリプスクロス、「今年の新車賞」を受賞…ロシア自動車連盟

三菱 エクリプス クロス(欧州仕様)
  • 三菱 エクリプス クロス(欧州仕様)
  • 三菱 エクリプス クロス(欧州仕様)
  • 三菱 エクリプス クロス(欧州仕様)

三菱自動車の欧州部門は3月29日、『エクリプスクロス』(Mitsubishi Eclipse Cross)がロシア自動車連盟(RAF)から、「今年の新車賞」を受賞した、と発表した。

エクリプスクロスは、コンパクトSUVの『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』の間に位置する新型SUV。クーペフォルムとSUVの機動力を融合させた三菱自動車らしいクーペSUVで、個性的なデザインを採用。最新のコネクティビティや四輪制御技術も導入している。

エクリプスクロスは2018年4月、ロシアで販売を開始した。デザインや充実した装備、三菱のSUVらしい走破性などの点から、ロシアのユーザーの注目を集めているという。

現地仕様車には、ダウンサイジングの1.5リットル直噴ターボエンジンを搭載する。最大出力は163hp/5500rpm、最大トルクは25.5kgm/1800~4500rpmを引き出す。

なお、エクリプスクロスは発売以来、世界各国において、多くの賞に輝いてきた。三菱自動車の欧州部門は、ロシアでの受賞は今回が初めて、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集