ポルシェ 917コンセプトスタディ 発表へ…ルマン初制覇レーサーをオマージュ

ポルシェ 917 コンセプト スタディ
  • ポルシェ 917 コンセプト スタディ
  • ポルシェ 917
  • ポルシェ 917
  • ポルシェ 917

ポルシェは3月11日、ドイツのポルシェ博物館で5月14日から開催されるポルシェ「917」(Porsche 917)の50周年を祝う特別展において、ポルシェ『917コンセプトスタディ』を初公開すると発表した。

ポルシェは1967年末、世界メーカー選手権の新レギュレーションに合わせて、排気量5リットルまでのクラスに参戦できる新型レーシングカーの開発に着手する。それがポルシェ917で、それまで成功を収めていたポルシェ「907」/ポルシェ「908」の後継モデルとして開発された。

ポルシェ917は、1970年から生産された。空冷式の12気筒ガソリンエンジンを搭載し、最大出力は当時としては驚異的な580ps/8300rpm。このポルシェ917が1970年6月14日、ルマン24時間耐久レースにおいて、ポルシェに初の総合優勝をもたらした。

343周、4607.81kmを走破したハンス・ヘルマン/リチャード・アトウッド組のポルシェ917が、トップでゴール。2位にはジェラール・ラルース/ヴィリー・カウゼン組のポルシェ917、3位にはルディ・リンス/ヘルムート・マルコ組のポルシェ908が入り、ポルシェが1-2-3フィニッシュを達成している。

ポルシェは5月14日から、ドイツのポルシェ博物館で開催されるポルシェ917の50周年を祝う特別展において、ポルシェ917コンセプトスタディを初公開する。1970年にルマンを初制覇したポルシェ917へのオマージュとして製作されたスタディモデルで、ポルシェの一部デザイナーとエンジニアが製作に携わった。

917コンセプトスタディは、エアロダイナミクス性能を追求したデザインや、赤と白のボディカラーが特徴だ。50年前のポルシェ917の現代流解釈とも受け取れる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集