【ベスパ GTS Super 300 試乗】贅沢すぎる大人のベスパ…青木タカオ

150の車体に300エンジンの裏ワザ!

先進技術で安全に賢く

伝統のスタイルや装備は健在

ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300
  • ベスパ GTS Super 300

見た目は愛くるしいベスパなのに、加速が異常なほどに力強い! それもそのはず、グランツーリスモとして生まれた『GTS Super 300』は、250ccビッグスクーターを凌ぐ排気量278ccの水冷SOHC4バルブエンジンを搭載し、オシャレなスタイルのまま余裕ある走りが味わえる。

150の車体に300エンジンの裏ワザ!


車体は155ccエンジンを積む『GTS Super 150』と共通で、つまり双子の兄貴分。ボディが軽いままに心臓部は倍の力があり、まさに裏ワザ的なスクーターだ。

車両重量は160kgで、150より20kgほど増えているが、国産250ccスクーターと比較するとヤマハ『XMAX』179kg、ホンダ『フォルツァ』184kg、スズキ『スカイウェイブ タイプS』(生産終了)214kg(燃料含む装備重量)なので、だいぶ軽い。

先進技術で安全に賢く


市街地走行でストップ&ゴーの繰り返しがより多いことを想定した150は、アイドリングストップ機構を備えた新パワーユニット「i-get」を採用し、300には「Quasar」と呼ばれるエンジンが使われる。

こちらはアイドリングストップがなく、トラクションコントロールシステムを搭載して出力アップに対応していることが見逃せない。

滑りやすい路面でビッグトルクをかけてもタイヤは空転せず、安全に前進してくれる。これは石畳の道が多いヨーロッパで培われた電子制御技術。2チャンネルABSも標準装備している。

伝統のスタイルや装備は健在


前輪の片持ちリンクアーム式サスペンションもベスパの伝統装備。ハンドリングが軽く、フロントタイヤの交換など整備性に優れるのは昔から変わらない。

こうしたアイデンティティを受け継ぎながら、USB給電ポートをグローブボックス内に隠し持つなど先進的になっているから、最新のベスパはスゴイ。

そして一流ブランド品がそうであるように、普遍的なカタチだから誰が見てもひと目でそれとわかるスタイル。さらに、ダイヤモンド処理の施されたブラックホイールや、アナログとデジタルが融合したマルチファンクション液晶パネルなどディティールも質感たっぷりだ。

ちなみに、250オーバーなので車検が必要となってくる。ベスパというだけでも充分に“大人”を感じ、1ランク上を行くが、『GTS Super 300』は“贅沢すぎる”。愛車にしたら、どんな気分だろうか。

■5つ星評価
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
コンフォート:★★★★
足着き:★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集