テスラ モデル3 にベースグレード、3万5000ドルから…航続は約354km

テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3

テスラは2月28日、『モデル3』(Tesla Model 3)のベースグレードの米国での販売を開始した、と発表した。価格は現行モデル3シリーズにおいて、最廉価の3万5000ドル(約390万円)からとなる。

モデル3は、『モデルS』の下に位置する小型EVセダン。テスラにとって、入門EVの役割を担うモデルとなる。

今回、テスラが米国で販売を開始したモデル3のベースグレードは、バッテリーの蓄電容量を小型化することにより、価格を抑えているのが特徴。それでも1回の充電での航続は、最大で220マイル(約354km)を確保している

このベースグレードの動力性能は、0~96km/h加速が5.6秒、最高速が130マイル/h(約209km/h)。米国での価格は、3万5000ドル(約390万円)からに設定された。

テスラは従来、工場の生産能力の関係で、モデル3の生産を上級グレードに絞っていた。今回、生産能力が引き上げられたことにより、モデル3のベースグレードの販売を可能にしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ポールスター2 は408馬力のEVセダン、航続500km…ジュネーブモーターショー2019で発表予定 画像 ポールスター2 は408馬力のEVセダン、航続500km…ジュネーブモーターショー2019で発表予定
  • ホンダ、新型EVを2019年後半に生産開始予定…『ホンダ e』をジュネーブモーターショー2019で世界初公開へ 画像 ホンダ、新型EVを2019年後半に生産開始予定…『ホンダ e』をジュネーブモーターショー2019で世界初公開へ
  • ポルシェ初の市販EV、タイカン …初年は年間2万台の生産を計画 画像 ポルシェ初の市販EV、タイカン …初年は年間2万台の生産を計画
  • メルセデスベンツ初の市販EV、『EQC』が最終テスト…2019年半ばに発売へ 画像 メルセデスベンツ初の市販EV、『EQC』が最終テスト…2019年半ばに発売へ

特集