ルノー トゥインゴ 改良新型、1万1400ユーロから…今春欧州発売へ

ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ
  • ルノー・トゥインゴ改良新型に設定されたルコックスポルティフ

ルノーは2月25日、改良新型『トゥインゴ』(Renault Twingo)の欧州価格を発表した。フランス本国でのベース価格は1万1400ユーロ(約145万円)で、今春から受注を開始する。

改良新型の外観は、フロントマスクを中心に変更された。新デザインのバンパーやグリル、ヘッドライトなどを採用し、表情を一新。ヘッドライトには、新型『メガーヌ』など、最新ルノー車に共通するCシェイプのLEDデイタイムランニングライトが組み込まれた。リアは、内蔵レンズをCシェイプとしたテールランプやバンパーが新しい。

インテリアは、センターコンソールのデザインを変更し、機能性を高めた。2つのUSBポートが装備される。シフトレバーも新デザインだ。リアのパーセルシェルフもデザインを見直した。テールゲートには、新デザインのハンドルが採用され、開閉の際の利便性を引き上げる。ルノーの車載コネクティビティ、「イージー・コネクト」の最新バージョンを採用。新しいマルチメディアシステムには、7インチの高解像度タッチスクリーンモニターが装備された。ユーザーフレンドリーなインターフェースと、ショートカットメニューによる使いやすさが追求されており、機能を切り替える時に、必要な操作数を減らしている。

欧州仕様の排気量998ccの3気筒自然吸気エンジンは、最大出力75hp/6250rpm、最大トルク9.7kgm/4000rpmを獲得する。トランスミッションは5速MTを組み合わせる。898ccの3気筒ターボエンジンは、最大出力93hp/5500rpm、最大トルク13.8kgm/2500rpmを引き出す。トランスミッションは5速MTと6速ATから選択できる。

改良新型には、発売記念車として、「ルコックスポルティフ」(le coq sportif)を設定する。ルコックスポルティフは1882年、フランスで創業したブランドだ。ウェア、スニーカー、スポーツ用品などが知られている。ルノーは、改良新型トゥインゴの発売記念限定モデルとして、ルコックスポルティフを設定する。

改良新型トゥインゴのルコックスポルティフの特徴は、フランスのナショナルカラーが用意される点だ。ホワイトを基調に、レッドとブルーの合計3色を使用した仕様が選択できる。レッドとブルーは、ルーフやボディサイドのストライプにあしらうことが可能で、ドアミラーカバーはレッドとした。フロントグリルも、ブルーで装飾できる。

インテリアでは、ダッシュボード、シフトレバー周り、ドアシルプレート、フロアマットなどに、レッドとブルーを使った専用デザインが施される。シフトレバーの前方には、「Twingo by le coq sportif」と記されたアルミプレートが装着されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集