ポールスター第2弾のEVセダン、グーグルのOS搭載へ…Googleアシスタント&マップも採用

ポールスター2に採用される「Googleマップ」
  • ポールスター2に採用される「Googleマップ」
  • ポールスター1
  • ポールスター1

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーのポールスターは、現在開発中の『ポールスター2』(PoleStar 2)にグーグル(Google)のAndroidベースのオペレーティングシステム(OS)を搭載すると発表した。

ポールスターの第1号車となるのが、2019年の半ばに発売予定の高性能PHVクーペ『ポールスター1』だ。続くポールスター2は、ボルボカーグループ初のピュアEVとして、2019年内に市販される予定で、テスラ『モデル3』と競合するミッドサイズEVセダンとなる。

このポールスター2には、グーグルのAndroidベースのオペレーティングシステムが搭載される。常にインターネットに接続されており、スマートフォンのように無線で最新情報を受信する。

また、ポールスター2には、音声アシスタントの「Googleアシスタント」が採用される。エアコンの温度調整やオーディオの曲の選択などを音声認識で行うGoogleアシスタントによって、ドライバーは運転に集中できる。

さらに、ポールスター2では、ナビゲーションアプリに「Googleマップ」を導入する。Googleマップが車載化されているため、リアルタイムで交通情報などが得られる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集