ダイハツ P-5、従業員有志が60年代レーシングマシンをレストア…東京オートサロン2019[詳細画像]

ダイハツは、2019年1月11日から13日まで幕張メッセで開催された東京オートサロン2019に、1960年代のレーシングカー「P-5」を出展した。

P-5は、1968年の第3回日本グランプリレースに出場し、GP1クラスで優勝したレーシングカー。今年ダイハツ従業員の有志がレストアし、走行可能となった。レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって実施。ダイハツならではの、小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術、それらの継承を目的に行われた。

その他ダイハツでは「ミラトコット・スポルザ Ver.」「ミラトコット・アクティブ Ver.」「ミラトコット・エレガント Ver.」、「トールカスタム・プレミアム Ver.」、「ムーブキャンバス初音ミクリミテッドパッケージ・ビーチクルージング Ver.」、「ハイゼットトラック・ジャンボカリフォルニア工務店 Ver.」「ハイゼットトラック・マルシェ Ver.」、「ブーンスタイル・エレガント Ver.」といったカスタムカーを展示した。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース