トヨタ スープラ 市販モデルついに出た! 白&赤ボディも登場…デトロイトモーターショー2019[詳細画像]

トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)

17年ぶりの復活となるトヨタ『スープラ』新型の市販モデルが、デトロイトモーターショー2019でついに世界初公開。日本仕様として発表されたグレーメタリックのほか、白、赤のモデルが展示された。また米国でのベース価格は、4万9990ドル(約540万円)であることも明らかになっている。

新型スープラは、卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するため、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ピュアスポーツカーとしての理想を追求した。

ホイールベースは『86』よりも100mm短い2470mmとし、ホイールベース/トレッド比は量産スポーツカートップレベルの1.55を実現。優れた回頭性に寄与している。また、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低い重心高を実現したほか、前後重量バランスも理想とされる50:50の配分を達成している。

直6・3リットルターボ(日本ではRZグレードに搭載)に加え、スポーティドライブを気軽に楽しむ直4・2リットルターボ(同SZ-R/SZグレードに搭載)を用意。最高出力340psの直6・3リットルツインスクロールターボエンジンは、最大トルク500Nmを1600rpmという低回転で発生。直4・2リットルターボは、258psと197psの2種類を設定する。

トヨタ スープラに関するニュースまとめ一覧

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集