トウバー装着のサイクルキャリアやダンパーを展示した阿部商会ブース…東京オートサロン2019

阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)
  • 阿部商会ブース(東京オートサロン2019)

THULE(スーリー)ブランドの取り扱いでお馴染みの阿部商会で見かけたスグレモノは、トウバーに装着するサイクルキャリア。

マツダ『CX-8』が純正用品として用意したこともあり、日本での認知度が一気にアップしたのがクルマの後部に取り付けるトウバー。このRVが普及しているアメリカやヨーロッパでは、トウバーにキャンピングトレーラーやボートトレーラー、バイクトレーラーなどを装着してロングバケーションを楽しむ人が多く存在する。阿部商会のブースで見かけたのはそんなトウバーに取り付けることができるサイクルキャリアだ。欧州規格の50mmボール(7ピンもしくは13ピン)のトウバーに取り付けるタイプで、写真のタイプは自転車2台が搭載可能。3台搭載モデルも用意されている。

THULE関係ではお馴染みのルーフボックスをはじめとしてルーフキャリアなども展示。高い品質を確認することが可能で、ショップとは異なるさまざまな情報も手に入れることができる。

また、阿部商会といえば有名な取り扱いアイテムがビルシュタインのダンパー。ビルシュタインのダンパーはスーリーとは異なる専門のブースが用意された。ビルシュタインのダンパーシリーズに新たに加わったのが、スズキ『ジムニー』用。今回のオートサロンではジムニー関連のパーツやデモカーが多く展示されたが、ビルシュタインのダンパーシリーズにもラインアップされたことは見逃せない出来事だ。

阿部商会ではホイールも各種モデルが扱われていた。今回はスーリーブースとビルシュタインベース、そしてレムスブースにも阿部商会扱いのホイールを展示。スーリーブースに展示されたラグナフォージットは、フォージットの名が示すとおり、鍛造のホイール。細身のスポークがスポーティな印象でプレミアムモデルとのマッチングがかなりようさそうだ。

《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ CX-8 新型試乗】“自然吸気”と“ターボ”、2つの新ガソリンエンジンの性格は…片岡英明 画像 【マツダ CX-8 新型試乗】“自然吸気”と“ターボ”、2つの新ガソリンエンジンの性格は…片岡英明
  • マツダ CX-8、ガソリンエンジン2種を追加 設定 画像 マツダ CX-8、ガソリンエンジン2種を追加 設定
  • スズキ ジムニーシエラ 新型をピックアップにカスタム…東京オートサロン2019[詳細画像] 画像 スズキ ジムニーシエラ 新型をピックアップにカスタム…東京オートサロン2019[詳細画像]
  • スズキ ジムニーサバイブ 仕様、本格四駆が“極限四駆”に進化…東京オートサロン2019[詳細画像] 画像 スズキ ジムニーサバイブ 仕様、本格四駆が“極限四駆”に進化…東京オートサロン2019[詳細画像]

特集