車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019

ZF(CES 2019)
  • ZF(CES 2019)
  • 車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019
  • 車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019
  • 車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019
  • 車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019
  • 車載用AIコンピューターで先行するZF、最新モデルを公開…CES 2019
  • ZF(CES 2019)

大手自動車部品メーカーのZFは、アメリカ・ラスベガスで開催されているCES 2019に出展し、車載用コンピューターや自動運転シャトルへの取り組みで先行するZFの最新の事例を紹介した。

車載用コンピューターにおいては、ZFはいちはやくNVIDIAと提携し、AIに対応した「ZF ProAI」の量産を開始している。今回のCES 2019では、そのシリーズ最新版を公開した。

今回の最新モデルのうちのひとつ「ZF ProAI Gen3」(第三世代)においては、NVIDIAのAI対応車載SoC(システムオンチップ)の新型であるGPU「DRIVE Xavier(ドライブエグゼヴィア)」を搭載したと同時に、大手FPGAベンダーであるザイリンクス社のSoCも同時に搭載している。

このことについてZFのエンドリック・シューベルト博士は、2つの理由があると説明した。「ひとつは技術的な理由で、GPUとFPGAでは役割が違う。GPUは並列処理、FPGAは「ストリーム処理」(博士談)が得意だ。もうひとつは経験値の違いによるもの。NVIDIAは車載での歴史が浅いが、ザイリンクスはこれまでの経験値がある。」

また自動運転シャトルについては、ZFが出資するベンチャー企業「eGO」による『eGO Moover』とともに、”ライド・ヘイリング”(配車サービス)を想定した自動運転シャトルも展示された。

市販車をベースとしているが、ハンドルは完全に撤去され、センターコンソールにはジョイスティックと緊急停止ボタンが設置されたもの。この車両についてZFは、革新的なモビリティサービスに向けた車両として想定したものだ、と説明している。

《佐藤耕一》

編集部おすすめのニュース

  • ZFのロボットタクシーに試乗、初公開のAIテクノロジーでレベル4の自動運転に対応 画像 ZFのロボットタクシーに試乗、初公開のAIテクノロジーでレベル4の自動運転に対応
  • ZFが自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、1秒間に最大600兆回の演算処理…CES 2019 画像 ZFが自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、1秒間に最大600兆回の演算処理…CES 2019
  • ZF、自動運転のライドシェアサービスで提携…CES 2019 画像 ZF、自動運転のライドシェアサービスで提携…CES 2019
  • ZF、自動運転の頭脳にザイリンクスの技術を採用…リアルタイムでデータ収集&処理 画像 ZF、自動運転の頭脳にザイリンクスの技術を採用…リアルタイムでデータ収集&処理

特集