ZFのロボットタクシーに試乗、初公開のAIテクノロジーでレベル4の自動運転に対応

ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー
  • ZFのロボットタクシー

アメリカのネバダ州ラスベガスで毎年開催されるCESは、「Consumer Electronics Show」というそもそものタイトルの意味が物語るように、かつては家電を中心とした世界最大規模の見本市としてその名を世界に広く知られていたが、現在ではAIやインターネット関連の展示に始まり、自動車の世界では完全自動運転に向けて急速に進む技術革新を、アピールする舞台として重要な役割を果たしている。昨2018年に新CEOとしてリーダー、ウォルフ・ヘニング・シャイダー氏を迎えたメガサプライヤー、ZFももちろん例外ではなかった。

テクニカル・ワークショップで最新技術を披露

CESのプレスデイ開幕前日、ZFは世界中から一部メディアを招き、テクニカル・ワークショップを開催した。そのプログラムのハイライトのひとつとして用意されていたのが、配車サービス・ソリューション、新しい都市交通として提案された「ロボットタクシー」の同乗試乗だ。ZFが誇る最新のフルレンジレーダーやソリッドステートライダー、単眼カメラ、音響センサーなどからの情報を、これも今回のCESで世界初公開された世界最高レベルの中央制御ユニット、ProAI RoboThink(プロAIロボ・シンク)で処理。メカトロニクス・アクチュエータやセーフティーシステムなどを統合制御することで、レベル4の自動運転に対応している。

「see、think、act」を実現したタクシー

このロボットタクシーに採用されている最先端技術の数々に関しては、今後順次それをレポートしていくが、試乗したロボタクシーは、「see、think、act」という、ZFが掲げるコンセプト・ワードを、そのまま実現したかのようなモデルだった。今回は運転席にはドライバーが同乗していたが、そこにはステアリングホイールもペダルもなく、したがって本来は、乗車する全員がパッセンジャーとなるこのモデルでは、どのシートも自由に選択することが可能なのだ。ロボタクシーの呼び出しは、もちろんスマートフォンの操作でそれが可能。フロントシートの前方には、必要最小限の情報を映し出すインフォメーション・モニターがレイアウトされており、パッセンジャーはそのモニターを操作して目的地を選べば、最も効率的なルートをロボタクシーがチョイス。もちろん法定速度を守って安全にその目的地へと向かってくれる。

実際に試乗してみたロボタクシーは、車線のキープや加減速では、ほぼ違和感はなかった。唯一気になったのはコーナーでのステアリングの動き。ここにもう少し滑らかさが生まれれば、まさに上品なショーファーが運転しているかのような快適さで、ドライブを楽しむことができるに違いない。さらにZFは、このロボタクシーの走行状況などをクラウドに接続することで、カスタマーの車両管理や配車サービスなど、さらに実用的なモビリティサービスを提供することも可能としている。自動運転技術の開発、そしてそれをコアとするモビリティサービスの提供は、どうやら我々が想像する以上の速さで進んでいるようだ。その中で、ZFというメガサプライヤーが果たす役割もまた、きわめて大きなものであることはこのロボタクシーがそれを証明している。

<取材協力:ZF>

《山崎 元裕》

編集部おすすめのニュース

特集