カーナビアワード2018発表、総合満足度トップはアルパイン

アルパイン ビッグX(参考画像)
  • アルパイン ビッグX(参考画像)
  • カーナビアワード2018

イードが運営する日本自動車ユーザー研究所(JACRI)は12月20日、「カーナビアワード2018」を発表。総合満足度でアルパインが最優秀賞に輝いた。

カーナビアワードは、一般消費者を対象としたカーナビゲーションの意識調査をもとに、利用者満足度の高い製品やサービスを選出して表彰するもの。調査は、直近1年以内の新車購入者(据置型ナビ購入者、ナビアプリ利用者)を対象に、10月4日から12日の9日間、同社協力調査パネルを利用したインターネット調査で実施。1665人からの有効回答をまとめた。

対象機種はパイオニア 楽ナビ15機種、同サイバーナビ22機種、パナソニック ストラーダ17機種、ケンウッド彩速ナビ18機種、アルパイン13機種、デンソーテン16機種、クラリオン11機種、合計112機種。

調査の結果、総合満足度でアルパインが最優秀賞に輝いた。アルパインは「検索機能(目的地の情報量/探しやすさ)」「音声認識・音声入力機能」「操作画面のデザイン」「反応の速さ」「地図の見やすさ」「地図更新への対応」、10部門中7部門で部門賞を獲得した。

そのほかの部門賞は、「渋滞情報」「ルート探索機能(案内するルートの妥当性)」「自車位置精度」をサイバーナビ、「立ち上がりの速さ」をケンウッドが獲得している。

◆『カーナビアワード2018』結果発表◆

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • カーナビタイム、GSのレシート読取機能追加 金額・給油量・油種を簡単入力 画像 カーナビタイム、GSのレシート読取機能追加 金額・給油量・油種を簡単入力
  • 【レクサス UX】先読みエコドライブ機能と連携するカーナビ、アイシンAWとトヨタが共同開発 画像 【レクサス UX】先読みエコドライブ機能と連携するカーナビ、アイシンAWとトヨタが共同開発
  • カーナビのコネクテッド機能、認知度が過半数超え イード調べ 画像 カーナビのコネクテッド機能、認知度が過半数超え イード調べ
  • クラリオン、デモカー4台でスマートコックピットを紹介予定…東京オートサロン2019 画像 クラリオン、デモカー4台でスマートコックピットを紹介予定…東京オートサロン2019

特集