「ポルシェ E-レーシング ジャパン」2019年開催へ…グランツーリスモSPORTと提携

新たな試み、「Porsche E-Racing Japan」。
  • 新たな試み、「Porsche E-Racing Japan」。
  • 新たな試み、「Porsche E-Racing Japan」。
  • 七五三木敏幸社長(左)と山内一典氏。
  • 七五三木敏幸社長(左)と山内一典氏。
  • ポリフォニー・デジタルの代表取締役、山内一典氏。
  • ポルシェ ジャパンの七五三木敏幸社長。

11月30日にポルシェ ジャパンが実施した2019年のモータースポーツ活動に関する発表、そこで同社の七五三木敏幸社長は「Porsche E-Racing Japan」の開催についても語り、グランツーリスモシリーズを手掛けるゲームクリエイター 山内一典氏とのトークセッションを行なった。

「昨今、FIA(国際自動車連盟)が取り組みを強化しているE-スポーツ、E-レーシングに、我々ポルシェ ジャパンもモータースポーツのいち分野として取り組んでいきます」と七五三木社長は語り、株式会社ポリフォニー・デジタル(代表取締役は山内氏)が開発面を担う体制で、「Porsche E-Racing Japan」を2019年に開催する意向を表明した。これは「グランツーリスモSPORT」を使用した“ワンメイクのE-レース”になるという。

山内氏からは11月中旬にモナコで開催された「FIAグランツーリスモ・チャンピオンシップ2018 ワールドファイナル」の模様も報告され、バーチャルのレースが我々の想像以上にリアルのレースと同じく“スポーツ”であること、そしてバーチャルならではの「モータースポーツの魅力の凝縮」がそこにあること、などが語られた。

「Porsche E-Racing Japan」の開催タイミング等詳細はこれから詰められる模様だが、E-レーシング最大の魅力はリアルなレーシングに比べれば圧倒的にコスト面等、参戦のための敷居が低いことである、これも山内氏は説明してくれた。確かにその通りで、資金面の壁はリアルなレースよりは格段に低いといえよう(“場所”もとらない)。より広い世界から参加者が集まれる状況が約束されていることは、競争環境創出としては理想的だ。

これまでは、リアルへの入り口としてのバーチャル(映像ゲーム)、というイメージが強かったが、最近のムードとしては、もちろん従来の流れもありつつだが、E-スポーツとしての独立専門化という流れの方が強いか。レベルという新たな敷居も存在しそうだが、E-スポーツは観戦スポーツコンテンツとしても成熟化しつつあるので、さらなる発展が近未来に期待されることは間違いないだろう。

そこに、ポルシェのDNAであるモータースポーツの新たなかたちとして登場する「Porsche E-Racing Japan」。ワンメイクのE-レースがどのように開催され、盛り上がっていくのか、“注目カテゴリー”のひとつとなりそうだ。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェ ジャパン、2019年のモータースポーツ活動について発表…ケイマンGT4 Clubsport 使用シリーズがスタート 画像 ポルシェ ジャパン、2019年のモータースポーツ活動について発表…ケイマンGT4 Clubsport 使用シリーズがスタート
  • メルセデスベンツ、「eスポーツ」を強化…ESLとの提携を2020年末まで延長 画像 メルセデスベンツ、「eスポーツ」を強化…ESLとの提携を2020年末まで延長
  • F1のメルセデスAMGペトロナス、eスポーツチーム結成…世界大会参戦へ 画像 F1のメルセデスAMGペトロナス、eスポーツチーム結成…世界大会参戦へ
  • 現役F1ドライバーのアロンソ、eスポーツ・レーシングチームを立ち上げ 画像 現役F1ドライバーのアロンソ、eスポーツ・レーシングチームを立ち上げ

特集