スズキ GSX-S750 に2019年型、パワーを35kWに抑えた新仕様を追加…EICMA 2018

スズキ GSX-S750 の2019年モデル(EICMA 2018)
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル(EICMA 2018)
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル
  • スズキ GSX-S750 の2019年モデル

スズキは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『GSX-S750』(Suzuki GSX-S750)の2019年モデルを発表した。

GSX-S750は、スズキのストリートスポーツネイキッドモデルだ。排気量749ccの水冷並列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。欧州仕様の場合、最大出力114hp/10500rpmを引き出す。

EICMA 2018で発表されたGSX-S750の2019年モデルには、最大出力を35kW(48hp)に抑えた新バージョンを追加設定した。これは、欧州の二輪車の免許制度における「A2ライセンス」に対応した新グレードとなる。A2ライセンスでライディングできるのは、最大出力が35kWまでのバイクという制限がある。

この他、2019年モデルには、『GSX-S1000』譲りのデジタルメーター装着車をラインナップした。さらに、電子制御のトラクションコントロールシステムは3段階の切り替え式で、システムをカットオフすることも可能にしている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集