ホンダ、2019年二輪モータースポーツ世界選手権の参戦体制を発表…MotoGPクラスにロレンソ

マルケス(ホンダ)
  • マルケス(ホンダ)
  • マルケス(ホンダ)
  • ロレンソ(現ドゥカティ)

ホンダは現地時間11月6日、イタリア・ミラノで開催されたEICMA 2018(ミラノモーターサイクルショー)で、2019年の二輪モータースポーツ世界選手権参戦体制を発表した。

ホンダでは、レース活動を同社の原動力と位置づけ、さまざまなレースに参戦することで技術と人を磨き、そこで培われたレーシングスピリットや技術の多くを製品に活かしており、今後もモータースポーツ活動を積極的に展開する。

2019年シーズンも引き続き、ロードレース、モトクロス、トライアル世界選手権シリーズの最高峰クラス、「ダカールラリー2019」に、ホンダ・レーシング(HRC)が運営するワークスチームで参戦する。

FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスには、2018年シーズンに3年連続5度目のチャンピオンとなったマルク・マルケス選手が引き続き参戦、過去3回のMotoGPチャンピオンとなったホルヘ・ロレンソ(2018年までドゥカティ)選手が新たに加入、「レプソルホンダチーム」で参戦する。

FIMモトクロス世界選手権 MXGPクラスには、2016年のチャンピオンのティム・ガイザー選手とブライアン・ボジャーズ選手が「チームHRC」で参戦する。

FIMトライアル世界選手権トライアルGPクラスには、ライダーズタイトル12連覇を達成したトニー・ボウ選手と、参戦24年目の藤波貴久選手が「レプソルホンダチーム」で参戦する。

「ダカールラリー2019」には、ケビン・ベナバイズ選手、ホアン・バレダ選手、パウロ・ゴンサルヴェス選手、リッキー・ブラベック選手、ホセ・イグナシオ・コルネホ選手の5人体制で、「モンスターエナジーホンダチーム」が参戦する。

また、ワークスチームに加え主要な世界選手権には、ホンダの主力チームが参戦する予定。FIMスーパーバイク世界選手権シリーズには、新たにモリワキエンジニアリングとアルティア・レーシングが運営するチームを、HRCがサポート。ライダーは、レオン・キャミア選手と清成龍一選手を起用する。

FIM世界耐久選手権シリーズには、2017-2018シーズンのチャンピオンチームである「F.C.C. TSRホンダフランス」が、フレディ・フォレイ選手、ジョシュ・フック選手と新たにマイク・ディ・メリオ選手が加わって参戦する。昨シーズン総合3位の「ホンダエンデューロレーシング」も引き続き参戦する。

北米を中心に開催されているAMAスーパークロス世界選手権シリーズの450SXクラスには、アメリカン・ホンダ・モーターのワークスチーム「チームホンダHRC」から、ケン・ロクスン選手とコール・シーリー選手が引き続き参戦する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集