アウディから完全自動運転EVスポーツ『RS Q e-tron』…アニメ映画『スパイズ・イン・ディズガイズ』に登場

アウディ RS Q e-tron
  • アウディ RS Q e-tron
  • アウディ RS Q e-tron
  • アウディ RS Q e-tron

アウディは(Audi)は11月1日、アニメ映画『スパイズ・イン・ディズガイズ』(原題:『Spies in Disguise』)の作品中に登場するバーチャルコンセプトカー、アウディ『RS Q e-tron』を発表した。

アウディがアニメ映画向けにコンセプトカーをデザインしたのは初めてとなる。アウディRS Q e-tronは作品中、ウィル・スミスが声優を務めるスーパースパイ、ランス・スターリングが乗る未来的な2シーターのスポーツクーペだ。ホログラムスピードメーター、完全自動運転モード、人工知能(AI)、EVパワートレインなどに加えて、秘密エージェントのための特別な機能を備えているという。

また、開発にあたっては、架空のコンテンツの制作と生産モデリングスタジオの両方で、設計プロセスにデジタルアプローチを採用した。デザインを担当したアウディ・デザインでは、最新のデジタルビジュアライゼーション技術と手作業による精度を組み合わせた。

なお、作品は20世紀フォックスが制作し、2019年9月に公開される予定、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集