丸くて赤い新型地下鉄、車内にコンセントも…東京メトロ 丸ノ内線 2000系[詳細画像]

東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系
  • 東京メトロ2000系

東京メトロ(東京地下鉄)は丸ノ内線に新型車両2000系を導入する。2019年2月から運行を開始する予定。10月11日、中野車両基地(東京都中野区)で報道公開された。車体各部の「丸」モチーフと、車内のコンセントやテーブルが特徴だ。

新型車は、1988年以来約30年にわたり運用している現在の02系を置き換え、2022年度までに53編成318両が導入される。

新型車は、開発時に東京メトロ全社内からアイデアを募り、丸ノ内線の特徴から導き出したキーワード「地上」、「活気」、「先進的」に基づき、世界有数の大都市“TOKYO”に活力を与えるインパクトのある形状や、地上を走ることの多い路線の特徴を考慮し、四季に映える鮮やかなグローイング・スカーレット(Glowing Scarlet)の車体カラーなど、斬新なデザインとした。

丸ノ内線の「丸」にちなみ、新型車は様々な箇所に丸みを持たせている。車両前面のガラスに丸みを持たせ、側面車端の窓にメトロ初となる「丸窓」を採用した。車内についても開放的な空間を演出する、球面形状の天井パネルを採用した。新型車では、丸ノ内線の初代車両300型と同様の赤い車体色と側面のサインウェーブを復活させた。サインウェーブはホームドアのある駅で見やすいように上部に施した。

新型車の室内は、1編成6両全てに小物が置けるテーブルや荷物掛け、携帯電話など小電力の充電が可能なコンセント(2口)を設置した。いずれも東京メトロ初の設備だ。また1編成6両全ての車両にフリースペース(車椅子スペース)を設置した。防犯カメラも搭載された。

また東京メトロでは、日本の地下鉄で初めてとなるCBTC(無線式列車制御システム)の2022年度の稼働を目指しており、新型車に導入して稼働準備を進める。列車運行の信号システムは、線路の一定区間を閉塞してその区間では1列車しか走行できないことを基本とする。新システムでは閉塞区間を地上側に設定せず、先行列車の位置を無線で後続列車に伝え、後続列車は走行可能な位置まで運行する。列車間隔を短くすることができ、東京メトロでは遅延回復の余力として活用する考え。

なお東京メトロでは「2000系」の形式名は初めてだが、前身の営団地下鉄に銀座線などで運用された車両で同名があった。

《高木啓》

特集