カワサキ Ninja H2 が世界最高速、337km/h…ボンネビル スピードウィーク

モーターサイクル エンタメ・イベント
Ninja H2 ボンネビルスピードウィーク参戦
  • Ninja H2 ボンネビルスピードウィーク参戦
  • Ninja H2 ボンネビルスピードウィーク参戦車
  • Ninja H2 市販仕様
カワサキ(川崎重工)の有志エンジニアと有志テストライダーからなる独立チーム「チーム38」は、8月11~17日に米ボンネビル・ソルトフラッツで開催されたボンネビル・スピードウィークにおいて、フラッグシップ『Ninja H2』で世界最高速のクラス記録を樹立した。

エントリーしたのは「P-PB 1000」クラス。排気量1000cc以下、過給機付きエンジン搭載の量産車種クラスだ。Ninja H2は209.442マイル/h(=337.064km/h)を記録した。

毎年8月に開催されるボンネビル・スピードウィークでは、四輪車と二輪車が地表速度の世界記録をきそう。チーム38のNinja H2は14日に211.621マイル/h(=340.571km/h)を達成、続く15日には反対方向で207.263マイル/h(=333.557km/h)を計測した。2回の平均速度209.442マイル/h(337.064km/h)が、クラス世界記録として認められた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集