江の島周辺で自動運転バスの公道実証実験 小田急グループ、9月6日から16日まで

自動車 テクノロジー ITS
江の島(イメージ)
  • 江の島(イメージ)
  • 実証実験する自動運転バス(イメージ)
  • 自動運転バスの実証実験走行ルート
  • Yahoo!乗換案内
  • Yahoo!乗換案内
  • Yahoo!乗換案内
小田急電鉄は、小田急グループの江ノ島電鉄、神奈川県とともに、2018年9月6日から16日まで、神奈川県藤沢市の江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を実施する。

実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」の推進と、小田急グループのバスの自動運転実用化に向けて検証するもの。ソフトバンクグループの自動運転サービス会社のSBドライブが協力する。

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会の開催にあわせて、江ノ電バスの運行区間を一部延長し、江ノ島海岸バス停~小田急ヨットクラブ間の1kmを、日野『ポンチョ』をベースにした自動運転バスが自動運転レベル3(システムの要請に応じて手動運転)で走行する。実験では、自動運転バスに試乗する一般モニターを募集する。募集人数は450人程度。

実験では、一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境での自動運転バスの走行検証と自動運転バスの実用化に向けたサービス面を検証する。

また小田急電鉄とヴァル研究所は自動運転バスの実証実験に合わせて、MaaS(Mobility as a Service)のトライアルを実施する。両社は連携して、ヤフーが提供するスマートフォンアプリ「Yahoo!乗換案内」において8月14日から9月16日までの期間限定で、自動運転バスの臨時バス停である「小田急ヨットクラブ」を設置し、自動運転バスのルート検索・乗車予約へのリンクなどのサービスを提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集