山陽本線東部の貨物列車は東福山まで再開へ 平成30年7月豪雨[7月13日まとめ]

鉄道 企業動向
JR貨物が7月13日16時に発表した7月14日以降の貨物列車運行状況。東福山~新南陽間には、三原~海田市間など運行再開の目途が立たない区間が含まれていることから、貨物列車を山陰本線に迂回させる検討が始められているという。
  • JR貨物が7月13日16時に発表した7月14日以降の貨物列車運行状況。東福山~新南陽間には、三原~海田市間など運行再開の目途が立たない区間が含まれていることから、貨物列車を山陰本線に迂回させる検討が始められているという。
JR西日本とJR貨物は7月13日、平成30年7月豪雨に関連した同日以降の運行計画を発表した。

JR西日本によると、伯備線総社~豪渓間が7月13日に運行を再開。山陽本線笠岡~福山間は7月14日、津山線岡山~玉柏(たまがし)間と野々口~津山間は7月17日、山陽本線福山~三原間は7月18日に運行再開できる見込みとなった。

これによりJR貨物の貨物列車も、7月14日に倉敷~東福山間で運行を再開することになり、以降、山陽本線内における貨物列車の運休区間は東福山~新南陽間となる。

なお、新聞報道等によると、JR貨物では山陽本線の長期不通を考慮して、貨物列車の山陰本線迂回を検討しているという。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集