テスラ、全従業員の9%を削減へ…モデル3 の生産には影響なし

エコカー EV

テスラのイーロン・マスクCEO (c) Getty Images
  • テスラのイーロン・マスクCEO (c) Getty Images
  • テスラのイーロン・マスクCEOは人員削減を公式twitterで発表。社員に向けたEメールを公開した
テスラのイーロン・マスクCEOは6月12日、全従業員の9%を削減すると発表した。

テスラの2018年第1四半期(1~3月)決算では、最終損益が7億0955万ドル(約774億円)の赤字。前年同期の3億3027万ドルの赤字から赤字幅が拡大し、四半期決算としては過去最大の赤字を計上している。

赤字が拡大したのは、新型EVセダン、『モデル3』の量産への投資がかさんだことによる部分が大きい。モデル3に関しては、度重なる生産障害が起きており、その解消が急務となっていた。

テスラのイーロン・マスクCEOは今回、全従業員の9%を削減すると発表。同CEOは、「コスト削減を図り、収益性を向上させるための困難な決断」と、その理由を明らかにした。

なお、今回の人員削減は、テスラの生産部門の従業員は対象にならない。マスクCEOは、今後のモデル3の生産目標の達成に影響はない、としている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集