ホンダ、モンキー と スーパーカブ C125 を米国市場に投入へ

モーターサイクル 新型車

ホンダ・モンキー
  • ホンダ・モンキー
  • ホンダ・モンキー
  • ホンダ・スーパーカブ C125
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月7日、『モンキー』(日本名:『モンキー125』)と『スーパーカブC125』を、米国市場に2019年モデルとして投入すると発表した。

モンキー125は、ホンダ二輪の遊び心を象徴するモデル。モダナイズされたデザインのレジャーモデルだ。ショート&トールボディによるモンキーならではのバランス、ワディングシートなどで構成されたデフォルメ感ある車体に、125cc水平単気筒エンジンを搭載する。

フロント倒立サスペンションや前後のディスクブレーキ、スチール製フェンダーなど、本格バイクの質感を持たせつつ、気軽に走れる親しみやすい雰囲気を演出。また、LED灯火器や、グラフィックのデジタルメーターなどによりモダンなイメージを融合し、モンキーの新たな魅力を追求している。

スーパーカブC125は、初代『スーパーカブ』(C100)が持つ魅力を受け継ぎ進化させたモデル。スーパーカブシリーズが世界生産累計台数1億台を達成したことに加え、2018年に誕生60周年を迎えることを機に、未来に向けてスーパーカブの持つ価値を、スタイリングとハードの両面から見直して登場した。

機能と外観を美しく調和させたシルエットを追求。スーパーカブのシンボルであるレッグシールドからリアフェンダーにかけてのS字ラインや、C100の特徴であった通称かもめハンドルを洗練された曲線や曲面で構成。ヘッドライトには立体的な光源配置のLEDを採用。スマートキー、電動シートオープナー、液晶と指針を組み合わせたスピードメーターの採用により、最新コミューターとしての装備も充実させた。エンジンは、余裕のある走りを目指して125ccを採用した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集