復活のアルファロメオ GTV 、電動化で600hp超えへ

エコカー EV

2022年までに復活するアルファロメオ GTV のレンダリングイメージ
  • 2022年までに復活するアルファロメオ GTV のレンダリングイメージ
  • アルファロメオ GTV(参考画像)
  • アルファロメオ GTV(参考画像)
  • アルファロメオ GTV(参考画像)
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は6月1日、2022年までにアルファロメオ『GTV』を復活させると発表し、想定しているスペックを公開した。

アルファロメオGTVは1994年秋、パリモーターショーで発表された2+2のスポーツクーペ。GTVとは、「グラン・トゥーリズモ・ベローチェ」を意味し、アルファロメオの伝統のネーミング。

ピニンファリーナがデザインしたボディは、ウェッジシェイプが特徴。最強グレードには、3.2リットルV型6気筒ガソリンエンジンが搭載され、最大出力240ps、最大トルク29.4kgmを獲得。GTVは2004年に生産を終了している。

このアルファロメオGTVが、2022年までに復活することが決定。新世代のGTVには、「Eブースト」と呼ばれる電動パワートレーンが搭載され、最大出力は600hp以上を引き出す。

さらに、この600hpを超えるパワーを、トルクベクタリングを採用した4WDで確実に路面に伝える。前後重量配分は50対50と理想的なバランスを追求。2+2のクーペデザインを採用する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集