スバルは フォレスター 新型を展示…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
  • スバル・フォレスター新型(人とくるまのテクノロジー2018)
パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。SUBARU(スバル)ブースの仕立てはきわめてシンプル。今夏に発売予定のSUV、次期『フォレスター』の実物ジオラマ展示のみだ。

展示されている車両は北米仕様の左ハンドルモデル。排気量2.5リットルのAWDで、ブラウンのレザーインテリアを持つ。乗り込むことはできないが、窓は開放されており、中はよく見える状態で置かれていた。

演出が凝らされていたのはディスプレイ方法で、ゴロゴロした石が転がるガレ場を表現したもの。220mmというゆとりある最低地上高と、フロントエンド、リアエンドの下面を削いで確保したアプローチアングル、デパーチャーアングルにより、ネイチャーゾーンにもある程度入っていけるクルマであることをアピールしていた。

ブース奥のディスプレイでは、路面コンディションを選ぶことで最適な駆動モードが設定される機能、エンジンやシャシーなど新プラットフォームの特徴など充実した技術解説が行われていた。スバルファンにとっては大いに関心をそそられるところであろう。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集