BMW 7シリーズ、モデルチェンジ発表は2018年末…高性能車にはロールスエンジンも

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
  • BMW 7シリーズ 次期型スクープ写真
BMWの旗艦セダン『7シリーズ』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで初の高速テストを開始した。4年振りに発売される、フラッグシップ・サルーンの新型は、内外ともに大刷新が予想されている。

ニュルに現れたプロトタイプは、市販型ユニットを組み込んだヘッドライトやスタイリッシュなL字型テールライトを装備。『X7』で見られた大型キドニーグリル、デュアルエキゾーストパイプも見て取れる。

パワートレインのハイライトは、再設計された4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンだ。最高出力530ps、最大トルク750Nmのパフォーマンスを発揮する。

また高性能『M760i』には、ロールスロイスのラグジュアリー2ドアクーペ『レイス』次期型にも搭載予定の6.6リットルV型12気筒エンジンを搭載。最高出力は620psと伝えられる。ラインアップされるすべてのエンジンは、燃費や排出ガスの想定方法を新たに統一規制した「WLTP」(Worldwide harmonized Light-duty Test Procedure)に対応するはずだ。

2018年末までに初公開が予想され、2019年より発売されると噂されている。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集