トヨタ スープラ 新型がさらに進化…市販バージョンのツートンホイールも確認

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ スープラ 新型スクープ写真。市販バージョンとおもわれるツートンのアルミホイールを履いていた
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真。市販バージョンとおもわれるツートンのアルミホイールを履いていた
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
  • トヨタ スープラ 新型スクープ写真
トヨタ『スープラ』新型プロトタイプが、また一歩市販モデルに近づいた。ドイツ市街地で捉えた最新の開発車両には、市販バージョンと思われるツートンカラーのホイールを装着していた。

ミシュラン製タイヤのサイズは、フロントが225/50の19インチ、リアが255/45の19インチが装着されるとレポートされている。ボディ正面を見ると、殆ど露出された薄型ヘッドライト、それを包むように配置されたブレーキ冷却を向上させる細いエアインテーク、大口エアダクト、バンパー外側にはエアスプリッターを備えているのがわかる。

さらに後部へ目をやると、ロングノーズ、バブルルーフ、空力を向上させるサイドスカートなどが確認出来る。またリアビューでは、後輪駆動を強調するかのような筋肉質なフェンダー、リアディフューザー、そのセンターには、F1マシンを彷彿させる第三のLEDブレーキランプが配置されている。

デュアルクラッチ・トランスミッションと組み合わされる2バージョンの2リットル直列4気筒エンジンと、トップモデルには3リットル直列6気筒オーバーブースト付きターボエンジンをラインアップ。最高出力は、下から200ps、250ps、そして340psが予想されている。トップモデルの直6は最大トルク450Nm、0-100km/h加速3.9秒のパフォーマンスが予想される。注目のハードコアモデルとなる「GR」は、3リットル直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力450psとも噂される。

ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1496kg。これは先代モデルと比べ全長が140mm短縮されコンパクトになっている。スポーツカーとして理想的な50:50の重量配分を持ち、2シーターのレイアウトも確実視されている。

コックピットには、オールデジタル・クラスタを採用。革巻きステアリングホイールには、パドルシフトも確認出来る。MT(マニュアルトランスミッション)は設定されず、DCT(デュアルトランスミッション)のみの設定が予想される。

注目されるワールドプレミアの場は、2019年以降のモーターショーが有力とされており、オーストリアのマグナ・シュタイヤー・グラーツ工場で兄弟車のBMW『Z4』と共に生産される予定だ。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集