アウディ A6アバント 新型、フルデジタルコクピット設定…ディスプレイは大型12.3インチ

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ A6 アバント 新型
  • アウディ A6 アバント 新型
  • アウディ A6 アバント新型
  • アウディ A6 アバント新型
  • アウディ A6 アバント 新型
  • アウディ A6 アバント 新型
  • アウディ A6 アバント 新型
  • アウディA6アバント新型
  • アウディA6アバント新型
アウディは4月11日、新型『A6アバント』にフルデジタルコクピットの「アウディバーチャルコクピット」を設定すると発表した。

アウディバーチャルコクピットは、12.3インチの大型ディスプレイを備えたフルデジタルコクピット。最新仕様は、新型『A8』や新型『A7スポーツバック』に続いての導入となる。

アウディバーチャルコクピットには、12.3インチの大型スクリーンを装備。これらの機能は、ステアリングホイールのマルチファンクションボタンで操作する。オプションのヘッドアップディスプレイは、情報をフロントウインドウ上に表示。日常会話に対応したボイスコントロールシステムにより、インテリジェントな会話のパートナーになる。

また、このシステムは、車両に記憶されたデータとクラウドに蓄積された知見の2つの方法を駆使して、ドライバーのコマンドと質問に応答。標準装備されるパーソナライゼーションシステムは、7名までのプロフィールを記憶することが可能で、最大で400の設定を保存することができる。

さらに、オプションの「アウディ・コネクト」キーを使用すると、グーグル(Google)のAndroid対応スマートフォンによって、新型A6 アバントの施錠や開錠が可能。「マイ アウディ アプリ」を利用すれば、ユーザーのスマートフォンと車両を接続することができる、としている。

BMWが開発中の新型フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』プロトタイプのコックピットを、レ…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集