韓国製EV、低価格でテスラ対抗か…ヒュンダイ「ニロEV」市販型を初スクープ

韓国のキアモーターズが開発を進める次世代ゼロエミッションSUV、『ニロEV』市販型を初めてカメラが捉えた。1月のCESでは、エキゾチックなマスクのコンセプトモデルを発表したが、市販型でどのように進化するが注目される。

自動車 ニューモデル 新型車
キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
  • キア ニロ EV スクープ写真
韓国のキアモーターズが開発を進める次世代ゼロエミッションSUV、『ニロEV』市販型を初めてカメラが捉えた。1月のCESでは、エキゾチックなマスクのコンセプトモデルを発表したが、市販型でどのように進化するが注目される。

捉えた開発車両には、エキゾーストパイプは見当たらない。フロントはマスクで覆われているが、少量の空気で冷却可能なため、グリルはないはずだ。コンセプトでは代わりにメッセージを発信出来るワイドディスプレイが装備されていたが、市販型にどのように反映されるのか期待される。

最高出力204psを発揮するというEVパワーユニットは、ヒュンダイ『アイオニックEV』から流用される。64kWhバッテリーパックを搭載し、1回の充電で約383kmの航続距離を可能にする。テスラの高性能SUV、『モデルX』は最廉価モデルでも1千万円程度。通常の生活レベルでは、十分な性能を持つ「ニロEV」がその半額以下なら、高い競争力を持ち、大ヒットの可能性も秘めていると言えるだろう。

ワールドプレミアは、2018年内と予想される。キアは、2025年までに16車種もの電動パワートレインモデルを発売する計画を打ち立てており、その内、ゼロエミッションモデルは5車種を予定している。「ニロEV」はその第一弾となるだろう。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集