ベントレー ベンテイガ に550psのV8、ジュネーブモーターショー2018で公開へ

自動車 ニューモデル 新型車
ベントレー・ベンテイガ V8
  • ベントレー・ベンテイガ V8
  • ベントレー・ベンテイガ V8
  • ベントレー・ベンテイガ V8
  • ベントレー・ベンテイガ V8
  • ベントレー・ベンテイガ V8
ベントレーは、スイスで3月6日に開幕するジュネーブモーターショー2018において、V型8気筒ガソリンエンジンを搭載する『ベンテイガV8』を初公開すると発表した。

2015年秋に初公開された『ベンテイガ』は、ベントレーならではラグジュアリー性とパフォーマンスを併せ持ったSUV。開発コンセプトとして、「世界最速、最強、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブなSUV」を標榜している。

パワートレーンは6.0リットルW12気筒ツインターボ。最大出力608ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WD。低負荷走行時には12気筒の半分を休止する気筒休止システムを採用する。動力性能は、0~100km/h加速が4.1秒、最高速が301km/h。SUVとして、世界屈指のパフォーマンスを備える。

一方、ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされる予定のベンテイガV8は、ベンテイガのラインナップを強化する新グレード。新世代の4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力550ps、最大トルク78.5kgmを引き出す。

ベンテイガV8の動力性能は、0~100km/h加速が4.5秒、最高速が290km/h。W12気筒モデルに対して、遜色ないパフォーマンスを可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集