BMW 2シリーズ、アクティブ / グランツアラーに最新コネクト…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
  • BMW 2シリーズ・グランツアラー改良新型
BMWは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する『2シリーズ アクティブ ツアラー』と『2シリーズ グラン ツアラー』の改良新型モデルに、最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

両車は、BMWブランド初のFF車、そしてMPV。2列シートの5名乗りが「アクティブツアラー」、3列シートの7名乗りが「グランツアラー」を名乗る。

改良新型モデルでは、BMW「コネクテッド」とBMW「コネクテッドドライブ」の最新版を搭載。「iDrive」は最新世代となり、操作性が向上。6.5インチまたは8.8インチのディスプレイはタッチパネル方式となり、音声認識機能も採用された。

また、SIMカードを利用すれば、スマートフォンなしでBMWコネクテッドドライブに接続可能。「リアルタイム・トラフィック・インフォメーション」、「リモートサービス」、「マイクロソフト・オフィス365」機能、「Wi-Fiホットスポット」など、多彩なコネクティビティが可能、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集