プジョーの新型MPV、リフター に先進運転支援システム採用…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
  • プジョー・リフター
プジョーは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する新型車の『リフター』に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

リフターは、プジョーの主力商用車および小型MPV、『パートナー』の後継モデル。現行パートナーは2008年に登場。およそ10年ぶりのモデルチェンジを機会に、車名をリフターに一新している。

このリフターに、プジョーは最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用。8速AT車に用意される「アダプティブ・クルーズ・コントロール」は、前車との間に一定の車間距離を維持しながら、追従走行。停止機能も備える。

「交通標識認識システム」は、道路の速度制限の標識を読み取り、スピードリミッター機能を作動させることが可能。「アクティブ・レーン逸脱警告システム」やカメラを用いた「ドライバー・アテンション警告システム」も設定される。

また、「バックアップ電動ブレーキ」は、荷室に重い荷物を積んだ際に作動。「アクティブ・セーフティ・ブレーキ」、「ブラインド・スポット・モニタリング・システム」などもラインナップされている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集