ジューク対抗、ヒュンダイの コナ にEVを追加へ…ジュネーブモーターショー2018

エコカー EV
ヒュンダイ・コナ・エレクトリックのティザーイメージ
  • ヒュンダイ・コナ・エレクトリックのティザーイメージ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月7日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『コナ・エレクトリック』を初公開すると発表した。

『コナ』は、ヒュンダイの新型コンパクトSUV。日産『ジューク』の対抗作と言われており、ヒュンダイのグローバルBセグメントSUVに位置付け。韓国、北米、欧州など、グローバル市場に展開する。

コナのボディサイズは、全長4165mm、全幅1800mm、全高1550mm、ホイールベース2600mm。日産ジューク(全長4135mm、全幅1765mm、全高1565mm、ホイールベース2530mm)と比較すると、30mm長く、35mmワイド、15mm背が低い。ホイールベースは70mm長い。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定のコナ・エレクトリックは、コナのEV版。ヒュンダイにとって、初の電動コンパクトSUVになる。なお、ヒュンダイは、コナ・エレクトリックのティザーイメージを1点配信している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集