ドライバーレスの自動運転ライドシェアへ、FCAとウェイモが提携を拡大

自動車 テクノロジー ITS
ウェイモの自動運転テスト車両(ベースはクライスラー・パシフィカ)
  • ウェイモの自動運転テスト車両(ベースはクライスラー・パシフィカ)
  • ウェイモの自動運転テスト車両(ベースはクライスラー・パシフィカ)
  • ウェイモの自動運転テスト車両(ベースはクライスラー・パシフィカ)
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は1月30日、グーグル(Google)の自動運転車開発会社、ウェイモ(Waymo)との提携関係を拡大すると発表した。

FCAは2016年、グーグルと自動運転車のプロジェクトで提携。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。

今回の提携拡大の柱となるのが、FCAとウェイモが自動運転車によるライドシェアサービスを行うこと。FCAによると、世界初のドライバーレスのライドシェアサービスになるという。

また、FCAはウェイモに対して、自動運転テスト車両を追加納入する。これは、クライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』をベースにした車両で、数千台規模を導入する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集