これまでのベンツとは何かが違う…闇夜でとらえたブランド初EVの姿

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
  • メルセデス EQ C 市販型スクープ写真
メルセデスベンツの新電動ブランド「EQ」シリーズ。最初の量販車となる『EQ C』のプロトタイプが、初めて姿を見せた。開発テストは、摂氏マイナス25度にも達する厳冬のスカンジナビアの夜遅く、密かに行われていた。

以前「GLC」のテストミュール(偽装車両)は目撃していたが、恐らくこれが市販型だろう。カモフラージュは厳重だが、2016年のパリモーターショーで初公開された『ジェネレーション EQ』のボディスタイルをほぼ忠実に再現していると言っていい。プラットフォームには、メルセデスの「MRA」をベースに開発された電気自動車アーキテクチャ「EVA」を採用している。

フロントマスクのディティールは不明だが、ライン状に光るヘッドライトはこれまでのメルセデスベンツ車にはないデザインだ。また市販型パーツと思われるラップアラウンド・テールライトからはEVモデルらしいスマートさが感じられる。張り出したフェンダーやルーフラインから見て取れるクロスオーバー・ハッチバックのスタイルもまた、従来のラインアップとは違う存在であることを主張している。

市販型では、2個のモーターを搭載し、最高出力408ps、最大トルク700Nmを発揮する。最大航続距離は500km、0-100km/h加速は4.9秒のパフォーマンスを誇る。

メルセデスベンツはアラバマ州のヴァンス工場に10億ドルを投資し、EQシリーズを生産するとレポートされている。販売価格は9万5000ユーロ(約1300万円)程度が予想され、2019年前半にもワールドプレミアが期待されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集