新型 シビックタイプR 用ボディキット、VARISが開発中…東京オートサロン2018で公開

自動車 ニューモデル モーターショー

VARISブースに展示された新型シビック・タイプR。一見、ノーマルと見間違えるほど仕上がりは自然だ。
  • VARISブースに展示された新型シビック・タイプR。一見、ノーマルと見間違えるほど仕上がりは自然だ。
  • CFRP製のエアロボンネットはセンターに大型ダクト、両脇にNACAダクトを備える。
  • 純正のCFRP製リップの下にさらにCFRP製の大型リップを追加。
  • リアウイングはステーは純正のまま羽根を大きくしてダウンフォースを増大。
  • リアフェンダーはドア部分にもオーバーフェンダーを延長して空力性能を向上。
  • より戦闘的でスピード感の高いフォルムに仕立てている。
歴代最速の呼び声高いホンダの新型『シビック・タイプR』。東京オートサロン2018では、早くもボディキットを展示するチューナーが現れた。そのブランドはVARIS。エアロボンネットを得意とするブランドが、開発中のスポイラーとエアロボンネットを装着して展示したのである。

フロントボトムには純正のバンパー&リップスポイラーに加えて、リップを追加するWリップ仕様。

リアウイングも純正よりボリュームのある羽根が与えられ、後端が跳ね上がった形状となっている。ノーマルでもダウンフォースを発生するエアロボディは、更に路面に吸い付く力が与えられそうだ。

エアロボンネットもセンターのダクトがより大きく前方に移動させることでクーリング性能を強化。両脇にはNACAダクトも与えられて、ワイドなフォルムをより強調している印象だ。

リアのオーバーフェンダーもリアドアにも延長して滑らかなシルエットに整えられている。全体としてタイプRのイメージを損なうことなく、よりレーシーでスピード感の高いフォルムに仕立てているあたりは、さすがだ。

発売時期などは「まだ未定」とのこと。新型シビック・タイプRオーナー&予備軍には、気になるアイテムじゃないだろうか。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集