ゴルフ のセダン、VW ジェッタ 7世代目発表…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・ジェッタ新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型
フォルクスワーゲンは1月14日(日本時間1月15日)、米国で開催したデトロイトモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『ジェッタ』を初公開した。

初代ジェッタは1979年に誕生。ハッチバックの『ゴルフ』のセダン版として登場した。1981年には、日本市場にも導入されている。2代目ジェッタは1984年に発表。日本では、この2世代目モデルまでが、ジェッタを名乗り、以後、3代目は『ヴェント』、4代目は『ボーラ』として販売された。2005年にデビューした5代目モデルは、再びジェッタの名前で日本市場に導入。初代からの累計生産台数は、1750万台に到達する。

デトロイトモーターショー2018で初公開された新型ジェッタは、7世代目モデル。新型は、フォルクスワーゲンの最新モジュラー車台、「MQB」をベースに開発。新型は、ダイナミックなプロポーション、広い室内空間、先進の運転支援システムなどの特徴を備える。

新型のボディサイズは、全長が4702mm、全幅が1799mm、全高が1459mm、ホイールベースが2686mm。先代比で、43mm長く、21mmワイド、6mm背が高い。ホイールベースは35mm伸びた。ボディサイズの大型化の効果で、乗員のゆとりが拡大。トランク容量は、510リットルを確保する。

新型のガソリンエンジンは、直噴1.4リットル直列4気筒ターボ「TSI」。最大出力150ps/5000rpm、最大トルク25.5kgm/1500rpmを発生する。トランスミッションには、新開発の8速ATが設定されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集