ケンウッド、彩速ナビ新モデルを東京オートサロン2018で発表へ…今春発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド ブースイメージ
  • ケンウッド ブースイメージ
  • 幕張メッセ
ケンウッドは、1月12日から14日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」にて、高音質AVカーナビとしてさらに進化した「彩速ナビ」の新商品を発表する。

今春発売を予定している彩速ナビの新モデルは、高画質・高速レスポンスに加え、高音質AVカーナビとしてさらなる進化を遂げた。このほか彩速ナビでは、昨秋発売した「タイプM」シリーズの大画面8Vパネルを搭載した最新モデルなども展示する。

また、彩速ナビが周辺機器とリンクする同社独自のスマート連携を紹介。彩速ナビを核として、カーナビ連携型ドライブレコーダー、ETC2.0車載器、ハイレゾ音源対応スピーカー、車載カメラなどと連携するカーシステムを展示する。さらにブースには最新の彩速ナビとハイレゾ音源対応スピーカーを搭載したデモカーが登場。ハイレゾ音源ならではの臨場感を体験できる。また、前後録画が可能なカーナビ連携型ドライブレコーダーによる、ダブル録画・シンクロ再生のデモも行う。

さらにドライブレコーダーのラインアップや今春発売予定のセンターユニットを展示するほか、ケンウッドブランドのモータースポーツへの取り組みを音と映像で紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集