ホンダ インサイト、4年ぶりに復活へ…デトロイトモーターショー2018で初公開予定

エコカー ハイブリッド
ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のスケッチ
  • ホンダ・インサイト新型のスケッチ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
ホンダの米国部門は12月19日、米国で2018年1月に開催されるデトロイトモーターショー2018において、新型『インサイト』のプロトタイプを初公開すると発表した。

初代インサイトは1999年、米国市場に導入。初代トヨタ『プリウス』よりも、米国では先に投入されたため、初代インサイトが米国初の市販ハイブリッド車となった。2ドアの軽量ボディに、ホンダの「IMA」ハイブリッドシステムを搭載していた初代インサイトは、米EPA(環境保護局)の高速燃費で、およそ30km/リットルの低燃費を誇った。

2代目インサイトは2009年、初代とは一転、実用的な5ドア、5名乗りボディで登場。IMAハイブリッドシステムを進化させて搭載。米国市場では、最も価格の安いハイブリッド車として支持を集めた。しかし、2014年3月をもって、生産を終了。

デトロイトモーターショー2018で初公開される新型インサイトのプロトタイプは、3世代目モデル。インサイトの名前が、およそ4年ぶりに復活を果たす。ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』の上に位置する5名乗りのセダンとなる。

ハイブリッドシステムに関しては、最新世代のホンダの2モーターハイブリッドシステムを採用。ホンダのインディアナ工場で生産され、2018年夏、米国市場で発売される予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集