三菱、エクリプスクロス のカスタムカー2台を東京オートサロン2018に参考出品へ

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱エクリプスクロス・プレミアムスポーツコンセプト
  • 三菱エクリプスクロス・プレミアムスポーツコンセプト
  • 三菱エクリプスクロス・フィールドアスリートコンセプト
  • 三菱デリカD:5 アクティブギア
三菱自動車は、2018年1月12~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、新ブランドメッセージ「Drive your Ambition」をテーマとし、新型『エクリプスクロス』のカスタムカーなど5台を出品する。

三菱自動車は、来春に国内発売を予定している新型クーペSUV、エクリプスクロスのカスタムモデル「プレミアムスポーツコンセプト」と「フィールドアスリートコンセプト」を用意。東京モーターショー出品車を加えた3台を参考出品する。

プレミアムスポーツコンセプトは、フロントバンパーとサイドドアガーニッシュをボディ同色、ボディ下部をモノトーンに統一することで、より上質でスポーティなハイスピードツアラーをイメージ。またフロントアッパーグリルをダークメッキ化することでよりスタイリッシュな表情とした。足回りにはレイズ製アルミホイール「STRATAGIA Avventura(20×8.5J)」、高速安定性の高いヨコハマ製タイヤ「ADVAN スポーツ V105(245/40R20)」を装着し、スポーティさを際立たせている。

フィールドアスリートコンセプトは、大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージし、強い輝きと高品質感を表現したブロンズメタリックをボディカラーに採用。また、エンジンフードプロテクターや、力強いデザインのレイズ製アルミホイール「FDX-F7(18×7.5J)」、ヨコハマ製タイヤ「ジオランダー A/T G015(225/55R18)」を装着し、走破性が高くタフなSUVのイメージを際立たせている。

このほか、スポーティかつ都会に映えるスタイリングとしたプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEVプレミアムスポーツコンセプト』、ヘビーデューティ仕様のミニバン『デリカD:5 アクティブギア』を出品する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集