三菱 パジェロスポーツ、ロシア市場回復で現地生産を再開

三菱自動車は、ロシアのPCMA Rus カルーガ工場でミッドサイズSUV『パジェロスポーツ』の現地生産を再開、12月15日に記念式典を開催した。

自動車 ビジネス 海外マーケット
三菱パジェロスポーツ
  • 三菱パジェロスポーツ
三菱自動車は、ロシアのPCMA Rus カルーガ工場でミッドサイズSUV『パジェロスポーツ』の現地生産を再開、12月15日に記念式典を開催した。

三菱自動車は2013年7月、PSAプジョーシトロエンとのロシア合弁車両組立工場であるPCMA Rusにて、パジェロスポーツの生産を開始。しかし、ロシアの経済危機による自動車市場の低迷もあり現地生産を停止。過去2年間、パジェロスポーツはタイから輸入販売していた。

ロシアの自動車市場は、2017年4月から7月の4か月間で前年同期比14%増加するなど急速に回復し、同期間における三菱自動車の販売も19%増を記録するなど、好調を維持。同社はラインアップ拡充を目的に、パジェロスポーツの現地生産再開を決定した。

記念式典には、カルーガ州政府の代表者、PCMA Rusの田口功副社長、三菱自動車の現地販売会社であるMMC Rusの関係者などが出席。MMC Rusの中村直哉社長兼CEOは 「ロシアの自動車市場回復により、今年は既に販売台数が大幅増となっている。パジェロスポーツの生産再開で市場における当社の地位を強化するほか、保証期間を5年に延長した新価格でパジェロスポーツをミッドサイズSUV市場におけるユニークな存在としたい」とコメントした。

パジェロスポーツは、「インバイト 6MT」、「インテンス 8AT」、「インスタイル 8AT」、 「アルティメット 8AT」のディーゼル車4モデルを現地生産化し、従来の全ラインアップを継続販売。さらにインバイト 6MTにもタイヤの空気圧をモニターするTPMSや、キーを取り出すことなくドアの開閉およびエンジン始動が可能なKOSを新たに装備する。

カルーガ工場は2009年に設立され、建屋面積は12万5000平米で年間の生産能力は12万5000台。三菱自動車のミッドサイズSUV『アウトランダー』のほか、PSAグループ向けの複数の車種を生産している。また、現地生産再開のために、カルーガ工場では440人の従業員を雇用し、2018年初頭から2直の生産体制を敷く計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集