アルファロメオ、2018年からF1に復帰…およそ30年ぶり、ザウバーと組んで

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

Brabham Formula 1 (1976-1979)
  • Brabham Formula 1 (1976-1979)
  • Brabham Formula 1 (1976-1979)
  • Alfetta 158 race cars at Silverstone, 1950
  • 13 May 1950, Silverstone: Farina wins the first Grand Prix of Europe on Alfa Romeo 158
イタリアのアルファロメオは11月29日、2018年シーズンのF1に参戦すると発表した。

アルファロメオは、スイスのザウバーF1チームと複数年に渡る技術的パートナーシップ契約を締結。「アルファロメオザウバーF1チーム」を結成し、2018年シーズンのF1に参戦する。

アルファロメオは1950~1988年にかけて、コンストラクターとエンジンのサプライヤーとしてF1に参戦。2018年シーズンからのF1への参戦は、およそ30年ぶりのF1復帰となる。

アルファロメオが属するFCAのセルジオ・マルキオンネCEOは、「ザウバーF1チームとのこの契約は、アルファロメオブランドの再構築において、重要な一歩になる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集