鉄道技術展2017 が開幕---ことしは525社・団体が出展 12月1日まで開催

鉄道 企業動向
第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017 (11月29日~12月1日、千葉・幕張メッセ)
  • 第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017 (11月29日~12月1日、千葉・幕張メッセ)
  • 第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017 (11月29日~12月1日、千葉・幕張メッセ)
第5回鉄道技術展2017 Mass-Trans Innovation Japan 2017 (11月29日~12月1日開催)が千葉・幕張メッセで始まった。

ことしの鉄道技術展には、525社・団体が出展し、1106ブースが並ぶ。出展者のカテゴリは「交通・鉄道システム、横断的技術」「土木・インフラ技術・施設」「電力・輸送・運行管理」「車両、インテリア」「旅客サービス」の5部門。鉄道会社や車両メーカーをはじめ、信号機器メーカー、自動車関連サプライヤーなども出展している。

同展では、展示会場5ホール内会議室で「製品技術説明会」(参加無料)も実施。

29日は、ジェイアール西日本コンサルタンツ「ITを活用した鉄道システムチェンジのソリューションご紹介」や、JVCケンウッド・公共産業システム「車掌用カメラ高画質(HD)化の新技術とユーザーメリット」など。

30日はエイチ・シーネットワークス「鉄道車両・地上間 高速大容量移動通信 無線LAN活用と導入ノウハウ」や、ハーティング「鉄道イーサーネット本格始動!ハーティング最新製品群のご紹介」など。

12月1日は日本信号「世界で活躍する日本信号製品と今後の展開」や、(国研)産業技術総合研究所「鉄道インフラ維持のための産総研の取り組み」といったセミナーが、合計20回実施される。

主催はフジサンケイビジネスアイ、後援は国土交通省や経済産業省、JR7社、東京メトロなど。協賛は鉄道総合技術研究所や日本民営鉄道協会など。

入場料は2000円。招待券持参者やインターネットからの事前登録者は無料だ。

《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集