【東京モーターショー2017】三菱 RVR アクティブギア…人気の特別仕様、第3弾[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
  • 三菱RVRアクティブギア(東京モーターショー2017)
マイナーチェンジを発表したばかりの三菱『RVR』に、人気の特別仕様「アクティブギア」が追加される。11月16日から販売を開始。

『RVRアクティブギア』は、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した特別仕様車で、ミニバン『デリカD:5』、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に続く第3弾。予防安全技術「e-アシスト」を標準装備した上級グレード「G」をベースに、SUVの楽しさ、頼もしさを強調し、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインとした。

エクステリアでは、LEDデイライトカバーとウインカー付電動格納式リモコンドアミラーをオレンジとしたほか、フロントスキッドプレートと17インチアルミホイール、ベルトラインモールをブラックで統一。またルーフレールを標準装備し、テールゲートには「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着する。

インテリアでは、ステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレスト、フロアコンソールニーパッド、パーキングブレーキレバーにオレンジのステッチを施し、ヒーターコントロールダイヤルをオレンジに変更。パワーウインドウスイッチパネルはブラックとし、メリハリの利いたインテリアとした。またスエード調人工皮革のコンビネーションシートを標準装備し、ステッチをオレンジとシルバーに変更することで、よりアクティブな印象とした。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集